FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メルトリリスSG1




こんばんは。
無事、メルト、リップ、BBちゃんのスキルとレベル(リップとBBちゃんは聖杯除く)をマックスにできたハムです。
さてさて、今週もダレトク週刊連載のお時間がやってまいりました。
まずはそちらからー!







 アルターエゴ、メルトリリス。鋭利な刃をもつ可憐な少女は確かに名乗った。自分の、水無瀬白代の真の理解者だと。だが、私は水無瀬白代のことを、私自身の過去を何も知らない。彼女はそんな私の全てを知るという。

「さあ、白代。答えなさい。私にすべてをささげる気はある?イエスかノーか、天国がいいのか地獄がいいのか、あなたの返答如何で今後の処遇を考えてあげる」

 メルトリリスの目は本気だ。彼女は本気でほとんど初対面の私に愛をささやき、私の全てを理解すると言っている。決してバーサーカーの様に狂化スキルで狂っているわけではない。ただ、真っ直ぐに私を見ているのだ。

「あら、どうしたの?貴女が寡黙な性格なのは知っているけど、こうも焦らされると待ちきれないわ。それとも、強引にでも口を割らせる方がいいかしら?ええ、いいわ!少し踊りましょうか」

 メルトリリスの脚具が地面をたたくのとバーサーカーがうなり声をあげたのはほぼ同時だった。再び交差する鎖と刃。バーサーカーの全身から放たれるのは夥しい数の鎖の束。百、千、否、万をも超える鉄の塊はメルトリリスを捕えようとはせず、ただその質量でもって押しつぶさんとしていた。
 メイキュウそのものを破壊しかねない数の暴力、その圧倒的な力を前にメルトリリスは……笑っていた。

「あははっ!いいわよ、狂戦士、そうこなくっちゃ!もっと、もっとよ!格の違いを見せてあげる」

 メルトリリスは鎖を避けようとはしない。コンマ1秒前潰されたはずのそのままの位置から何事もなかったかのように彼女は現れる。まるで、かすってすらいないかのように。メルトリリスは荒れ狂う破壊の暴風雨の中にいながら、涼しい顔でクラシックバレエを踊っているのだ。まさしく彼女は孤高のプリマドンナ、ステージに舞い踊る白鳥のよう。そのあまりの美しさに、いつの間にか私は他の全てを忘却していた。

「あ……がっ、っは……」
「あら?」

 自身のうめき声と揺れる視界。そこまでになってようやく体の異常に気が付いた。身体のから要不要の区別なく、何もかもを根こそぎ持っていかれたような喪失感。寒気、吐き気、頭痛に腹痛、ありとあらゆるバッドステータスが順番待ちをしているかの如く押し寄せる。
 考えてみれば簡単な事だ。この前にシンジの改造したエネミーともバーサーカーは戦っている。そんな状態で見境なしに彼が暴れればどうなるか。魔力切れだ。マスターとして未熟な自分ではバーサーカーを扱いきれない。その結果がこの有様。リソースが足りないバーサーカーは戦えず、私たちは逃げることも叶わない。だけど、それでも……。
 それでも何かできることがあるはずだ。顔をあげろ、前を向け。悲鳴をあげる全身に喝を入れ、きしむ筋肉を無理に稼働させる。起き上がった視線の先には頬を上気させたメルトリリスの姿があった。

「……あ……ぅぅ!」
「そんなになってもまだ立ち上がるのね……。その苦悶に満ちた表情、なおも私を睨み付ける瞳、そしてなによりも貴女の必死な悲鳴とうめき声!たまらないわ、たまらないわ、たまらないわ!もっと、もっと、もっと私にその美しい音色を聞かせてちょうだい!私ね、自分でもどうかと思う程加虐的なの」
「……っ!」

 自分でもどうかと思う、つまりそれはっ……!
 右手に光が宿る。五停心観の反応だ。このプログラムは、秘密を暴く水無瀬白代に残された唯一の武器。それは相手がアルターエゴであろうと例外ではない。

「あら、せっかちなのね。いいわ、持っていきなさい。私を愉しませてくれたほんのお礼よ」

 光る右手に引っ張られ、死に損ないの体が跳び上がる。私の右手はメルトリリスの薄い胸に触れ、さらけ出された秘密(加虐体質)を奪い去る。






というわけで今回のお話、いかがだったでしょうか?
まだまだ原作と大きく乖離するところはありませんが、とりあえずザビ子の魔力でバサカとかむりだよね、というお話でありました。こちょ?次回か次々回にはあるんじゃないですかね?たぶん……。
全国のザビ子ファン必見。
と見栄をはっておきましょう。


・CCCシナリオ集 

CCC関連のことなのでご報告をば。
先日発売された『Fate/EXTRA CCC VOID LOG:BLOOM ECHO』を購入いたしました。
すばらしいシナリオの数々が2章まで見やすく収録されていて、CCCファンなら買って損のない逸品でございました。
正直なところ、これが4巻まででそろってから二次創作した方がいいんじゃないかという充実ぶりでしたね……。
まあ、言ったからには週一更新続けますがね!


ってなわけで、今回はここまで!来週もまたみてアルブレヒト!
スポンサーサイト
[PR]

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。